販売店による作業服購入時の相談方法

生地が作業に適応するかを相談

普段着る洋服はデザインなどを重視すればよく、素材の材質などは綿製かポリエステル製かなどで判断すればいいでしょう。しかし作業服は生地の素材だけでなくどんな機能があるのかを知っておく必要があり、できれば実際に見たり触ったりして確認をした方が良い時もあります。作業服に関してはネットで安く購入する方法もありますが、販売店であれば店員などに相談ができるので色々要望を伝えると良いでしょう。作業の中で道具などに生地がすれやすい時はそれに耐えられるかどうかを確認しなければいけません。水や油に対する耐性が必要であればその相談もするとよいでしょう。店内にサンプルの生地があれば実際に水などを垂らして様子を見せてくれる時もあります。

試着をしながら決める

自分で着る服を購入するとき、よりぴったりフィットしたものを選ぶなら試着をした方が良いでしょう。では作業服を購入するときはどうかですが、不特定多数の従業員に着てもらうなら特定の人が試着をしてもあまり意味がなさそうです。それならとネットで安く買う方が経済的です。ただ作業服においてはサイズも大事ですが、着て作業をするときの着心地や作業のしやすさが大事になり、ネット購入だとそれが確かめられません。販売店であれば試着ができるところがあるので、作業をよく知っている人に一緒に来てもらって試着しながら店員に相談すると良いでしょう。上半身の作業が多いなら上半身の伸縮が作業に適しているかを確認し、動きにくいのであればより動きやすいものを店員に提案してもらいましょう。

© Copyright Work Uniforms. All Rights Reserved.